コストカットを目指そう

カートリッジ

出来るだけ節約する

チラシ印刷代を激安価格に変える節約方法を調べてみました。まず始めに「お得なチラシ印刷業者を利用」する方法です。必要なチラシが数十枚程度なら自宅や会社のプリンターを使ってチラシ印刷をすることも可能ですが、数百枚〜数千枚規模でチラシを必要とする場合はチラシ印刷業者を使ったほうが節約できます。専門業者は短時間で高品質な印刷を仕上げるのが得意です。大量印刷なら激安価格に導ける割引もききますし、自社の人間を使って印刷やミスのチェックなどをしなくてよいので人件費も削減できます。次に、チラシ印刷を激安価格にするの方法としてオススメしたいのが、「チラシのサイズを小さくする」ことです。スーパーの特売チラシのように、ある程度のサイズが必要なチラシを除けば、基本的にチラシにそれほど大きなサイズの用紙は必要ありません。むしろ、大きな用紙だとかさばってしまい、内容を確認するために折り畳んだり開いたりする手間があるため内容に目を通してもらえる可能性が下がります。チラシのような広告物は、配布してもほとんどが破棄されてしまうものなので、伝えたい情報を絞って用紙のサイズも小さくしましょう。用紙サイズが小さくなれば、同じ大きさの紙で多くのチラシを印刷できますし、通常価格よりも激安になります。
次に、チラシ印刷代を激安価格に変える節約法は、「目的に応じて紙質を調整する」方法です。設定次第で大幅に激安価格にできるのが「紙質の調整」です。高品質の紙や触り心地にこだわった紙より、薄くてほどほどの品質の紙を使ったほうが印刷コストは安くなり、大量に印刷してもかさばりません。もちろん薄い紙を選ぶとチラシが破れやすくなり、安っぽく見えてしまうというデメリットもありますが、そもそも多くのチラシに高級感は必要ないでしょう。ただ、飲食店のメニュー表や店舗の外に設置する張り紙、ポスターなどある程度長い期間使うチラシを印刷する場合は、厚めの紙を使ってパウチ加工(ラミネート加工)してもよいでしょう。多少コストをかけてでも丈夫なチラシにしておけば、破れたり汚れたりして取り替える必要がなくなり、長い目で見るとコストダウンできるからです。